トップページへ

Go To 宮古島旅行記 '20(3日目)
(2020年9月3日~2020年9月5日)



2020年9月5日(土)

宮古島の朝は暗い。北海道と時差がないんだから当たり前だけど、目覚めても二度寝したほうがいいのか迷ってしまう。二度寝できるなんて若い証拠だ、そう羨む今日この頃です。
ホテルサザンコースト宮古島の前にはパイナガマビーチがあります。行こうか行くまいか。こういう場合だいたい行かないものだ。
 

そんなわけで、成田7時25分発のジェットスターの動向を調べ、水着が乾いているか屋外のロッカーに出向き、この旅一晴れた空を恨めしく思っております。

朝ごはんは粗食であーる。ヨーグルトのみ。そうです、昨日の揚げ物パラダイスが未だ胃を占有中なんです。

ホテルをチェックインした後は満タン返しのレンタカーに給油をせねばならん。離島のガソリン価格は高い。旦那の調べでは、セルフの某ガソリンスタンドの精算機の横には7円引きのクーポン券が置いてあって、給油前にそのクーポン券をゲットし給油すれば自己満足間違いない。

しかしスタンド内を挙動不審にうろうろしてもクーポン券はない。それでも他店より安かったから止むを得ん。給油した。レシートが出てきた。レシートの下の部分に7円引きのクーポン券を発見した。未来の自分に言おう。まず少し給油して、精算して、クーポン券をゲットして、改めて満タンまで給油してみてはいかが?
 

今日のフライトは11時25分。昼飯問題を考える。LCCの機内で堂々と食うのは憚れる。コロナ騒ぎの中、機内で無防備にマスクを外して飯を食う気にもなれん。成田で解放されるのは14時半だ。

とどのつまり空港で魚幸さんの弁当を頬張っている。うまうま。
 

GK324便 下地島空港11:25 ⇒ 成田空港14:15
 

この日の午後以降、奄美地方から沖縄本島に掛けて新しい台風の影響でフライトの減便が多く決まっていた。搭乗していたフライトも多少は揺れる。9号と10号の狭間、服のサイズではなく台風の狭間でやっぱり旅行は海外、国内問わず楽しいもんだと思うのでした。
 




 


最後に今回の宮古島旅行はガッカリしたことも多々ありました。

ひとーつ海が心配だ。ふたーつ島民が観光客に冷たい。みっつ夕食難民だ。

しかし過去の宮古島の楽しい思い出を捨て去ることはできん。コロナが落ち着けば島民もはいさーい気分になるだろう。また来よう。夏前に。チケットが安かったら。そして、食事は昼飯を除き魚幸さんのお世話になればいい。私たちは幸せだ。
 
 
最後に旅心を損なうけど節約系サイトなんで、
【 旅の家計簿 (2人分】
成田までの高速料 2,270円 食事・飲み物代 10,679円
成田の駐車料 1,500円 レンタカー保険代 2,200円
宮古島ツアー代(※) 50,400円 レンタカーガソリン代 2,022円
GO TO トラベル △17,640円 合     計 51,431円
  1人当たりの旅行費用 25,715円
(※)ツアーに含まれるもの。成田・下地島間のジェットスター往復航空券(受託手荷物20kg、座席指定料含む)、ホテル2泊分、フライト時間対応のレンタカー(免責別)



1日目 2日目 3日目
Go To 熊本旅行記 '21 Go To 福岡旅行記 '21
Go To 長崎旅行記 '21 Go To 函館旅行記'21 Go To 青森旅行記'20
Go To 鹿児島旅行記 '20 Go To 札幌旅行記 '20 TOP