トップページへ

高雄・台南・台北旅行記(1日目前半)
(2016年4月29日〜2016年5月5日)


来年のGWも台湾に行こう!
そう決めたのは半年前(前年の10月)、台湾旅行の帰り道。そう格安な航空券を待つのみだった。フライトの時間でバニラかピーチが希望だった。首を長くして待った。首元が寒くなった12月初め、先手を切ってスクートがチケット発売。その後スクートビズのセールが。もう首元の寒さに耐え切れなくなった。フライトの時間を妥協してバニラとピーチの発売前にスクートビズに手を出したのです。
はい、今回のチケットはこんな感じ。

フライト料金片道
13,410円×往復= 26,820円
そこに保安検査使用税 520円
空港使用料 2,090円
サービス税 1,886円が加算されて
ひとり 31,316円。
2人分なんで2倍の 62,632円
最後に支払手数料3,000円を加算して
合計 65,632円が今回のフライト料金になるんだな。
GWってことを考えて、手荷物代と座席指定料とか考えたら激安じゃね?
しかも機内食とワンドリンク付。行きのフライト時間が気に入らないけど7日間だから妥協心はスキップしてやって来た。そんで、主な日程はこんな感じ。
 
■旅程■
1日目 成田⇒台北 台北泊
2日目 台北⇒高雄 高雄泊
3日目 高雄⇒台南 台南泊
4日目 台南滞在 台南泊
5日目 台南⇒台北 台北泊
6日目 台北⇒中歴 中歴泊
7日目 中歴⇒成田  
 
当初は最後の夜も台北に泊まるつもりで、予約したときもそのつもりでした。出発1ヶ月前になって、嗚呼やっぱり桃園空港までのMRT開業は順調に遅れやがって、嗚呼やっぱり中歴に泊まることになりました。

MRT開業でもう中歴には来ないと別れを告げたのは一年前のGWだったかな。

2016年4月29日 昭和の日

昭和の人間臭ぷんぷんな夫婦の旅が始まる。まずは成田山新勝寺でお参りから。昭和の人間臭を決して裏切らない行為だ。しかし小銭を家に置いてきた夫婦に持ち合わせたお賽銭はない。バカだ、バカすぎる。ちなみに2日目までテンションが低いのはこのせいかもしれん。
 
早速、無賃参拝の洗礼がやって来た。
 
TZ201 東京(NRT)11:55 ⇒ 台北(TPE)14:45(-1h) 

のはずだったんじゃねえのか、スクートよ?
お急ぎのところ申し訳ごぜえませんが、機材到着が遅れておりまして・・・

ガッビーーーン!!!で、見事に1時間遅れ!!!飛行機とは理不尽なものよ・・・。
で、どうだスクートビズは。
画像はないけどB787の機材にはコンセントも付いているぞ。一年前のスクートビズ利用時(勝手にアップグレードされた結果)には肩身が狭かったけど、今回は禿げ上がったおでこ同様広々で、ウエルカム水あり、
で、機内食はこんな感じ。
嫁のベジタリアンメニューのカレーが非常に辛いらしく、「本当にカレーでいいのか?べりーべりースパイシーだぞ」と念押し付き。それがこの「ひよこ豆のカレー バスマティラライス添え」。フタを開けた瞬間、目で辛さ確認できました。

ワタクシは美男に、いやいやいや無難に「照り焼きチキンライス」。無料でプレミアムセレクションを食せるというのでそのチャンスを全うする、貧乏性あるあるだ。

スクートの機内食がおいしいかどうか?
「完食した」、それが答えだ。


1日目前半 1日目後半 2日目前半 2日目後半 3日目前半
3日目後半 4日目前半 4日目後半 5日目前半 5日目後半
6日目前半 6日目後半 7日目 撮り鉄編 TOPへ