トップページへ

モロッコはウザくなかった旅行記(1日目)

~放屁はラクダの上で~
(2015年8月7日~2015年8月16日)
 


■旅のきっかけ
本を読んで旅に出た。海外旅行に目覚めたのはベタに深夜特急(古っ)だった。その後も旅行先を決めるひとつの材料は本だった。村山由佳の「静かなる水の音」、数年前に読んで旅ゴコロがくすぐられた。あっははははっはは。
砂漠で一夜を過ごしたい。フランス語はしゃべれない。

ハイ、モロッコに行っちゃいました。
■旅の準備

夏の旅行が終わると、すぐに次の夏の旅行の準備は始まる。そんな感じで少しずつ準備が嫁主体で始まりました。まずは航空券。高い安いもあるけれど、限られた時間内で遊ばないといけないサラリーマンだけに、今回はエミレーツがちょうどいい。

往路
EK319 成田 22:00 ⇒ ドバイ 3:50
EK751 ドバイ 7:35 ⇒ カサブランカ 12:55

復路
EK752 カサブランカ 14:30 ⇒ ドバイ 1:10
EK318 ドバイ 2:50 ⇒ 成田17:35

航空券は前年の秋に手配してその後はほぼ放置。年が明けてからホテル選びの必要性から主な日程を決める。全然そんな気分ではないけど、もう右回りか左回りかどっちかだろ的ないい加減さで左回り、その行程でホテルを決める。本当に全然そんな気分ではないので嫁の言うがままさ。

旦那(ワタクシ)が旅行に向けて気持ちが乗ってきたのがほぼ一ヶ月前。ここからいろんな情報、先人の旅行記とかを見始める。シャウエンに行きたくない?無理!右回りの方が良くない?無理!フェズ1日少なくない?カタツ無理(←ジャニヲタにしか通じないギャグ)!

まあそんな感じかな。がっつり調べたのはメルズーガまでの2泊3日砂漠ツアー。時間の問題でマラケシュ発マラケシュ着じゃなくて、フェズ着が良かった。多くのツアー参加者がメルズーガで途中離脱し、そこからグランタクシーかバスでフェズに向かっている。でもこんだけマラケシュ発フェズ着のツアー需要があるならツアー自体が存在してもおかしくないと思うのが日本人の小賢しさ。

で、その件で現地旅行会社15社にメール送信(もちろんコピペ)。返信内容を見ると、どこもプライベートなら取り扱うがグループツアーはないとのこと。納得。実際に存在しないのか、ツアー日直前に客が集まってグループツアーが自然発生するのかそれは現地でのお楽しみ。まあ相乗りタクシーが日常の国ですから。

それからそれから現地通貨の両替だ。ディルハムは持ち出し不可。行った先でレートのいい両替所を探すのもいいけど、ツアー料金とかお土産を値切るのに時間を割いたほうが効率的。はい、空港である程度両替をしようとざっくりと予算を立てる。カサブランカのホテルだけ清算済みなので、それ以外でふたり10万円なり。

で、主な日程は

(金)成田⇒
(土)(ドバイ)⇒カサブランカ⇒電車⇒マラケシュ
(日)マラケシュで観光、ツアー探し、買い物
(月)砂漠ツアー
(火)砂漠ツアー(砂漠泊)
(水)砂漠ツアーを離脱してフェズへ
(木)フェズ観光、買い物
(金)フェズ⇒電車⇒メクネスで観光⇒電車⇒カサブランカ
(土)カサブランカ観光⇒モロッコ出国
(日)(ドバイ)⇒成田

腹を壊すのは日程に入れていない。。。
 
 
初日。サラリーマンの朝は早い。ボタンダウンのシャツに袖を通し、スーツのパンツを履く。慣れた手つきでベルトを通し、よく磨かれたリーガルの革靴を選ぶ。そしてグリーンのリュックサック。おいおいおい、そこはビジネスバッグだろ?と思うけど仕事帰りに成田空港に直行するんで仕方ねえ。

定時、だとちょっとあからさまなので定時から5分後に小走りで退社。気持ちの問題ってやつ?電車を乗り継いで成田空港に着いたのが20時前。機内食はおそらく23時過ぎなので、マックの株主優待券で小腹を満たす。

エミレーツEK319 成田 22:00 ⇒ ドバイ 3:50
 
  

  
そうだ初日はこれであっけなく終わってしまうのだ。

機内食(上がベジタリアンメニュー、下が普通のやつ)くらいはさらしておくけど、こんなんが初日でいいんでしょうか?
 
 
そんなわけで早くも結論。最高に面白かったぞモロッコ!

体調管理は大変で、フライト時間は長いけど好きになっちゃったぞモロッコ!モロッコ人はウザイとか、悪いやつも多いとかそんな先入観は旅の楽しさを損なわせるぞ!緊張感は大事ですが…。

モロッコ、もろもろ好きだー!!!

そんな旅行記ですがしるぶぷれ。


1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
6日目 7日目 8日目 9-10日目 トップページへ

番外:モロッコの撮り鉄事情