トップページへ

LCCでギリトラワンガン・ロンボク旅行記(1日目)
(2014年8月8日〜2014年8月16日)
 

 

私たち夫婦は大きな荷物を背負って、羽田空港に立っています。後ろ姿は充実した夏休みが約束されたふたりに見えたことでしょう。大きな荷物の中には希望、とは大きくかけ離れた生活臭たっぷりの荷物。定年したらヨーロッパをバックパックで旅行しようね、そう話したのは結婚前。まだ定年まで十何万時間もある今、バックパックで旅することになった。LCCのせいだ。LCCの荷物代のせいだ。ところでバッグパッカー?それともバックパッカー?ばかばっかーの旅行記はこうして始まるんです。
 
 
去年初めて利用したエアアジアで今年はクアラルンプール(KL)、ロンボク島からの、ギリトラワンガンにたどり行くんです。去年は大幅なブッキングオーバーで恐喝まがいに早いもん勝ちの様相を匂わせたエアアジアですが、今年は大丈夫そう。当たり前か。夜の羽田空港でエアアジアの機体でも撮ろうと思ったら、駐機場所(ゲート)悪すぎでそんな余裕ないわ。
 
HND 23:45 ⇒ KUL 6:10

定刻よりやや早くエアアジア機はKLに到着。今年開業したターミナルKLIA2はほぼエアアジア独占状態。しかしこれが広い、遠い、朝のひと運動。フライスルーできないチケットだったので、ロンボク線のドキュメントチェックのため一回入国しないといけない。遠いけど、手続きは楽勝。
 
 
では、マレーシアで朝食といえばのオールドタウンコーヒーでカヤトーストを頬張ります。実感、嗚呼マレ〜シア〜ん。

KUL 8:40 ⇒ LOP 11:45
 
 
ロンボクまでもエアアジア。機内に日本人がいたのでチラ見したら「ヒロシです。ロンボク島にいるとです」とブログの下書きをしている最中でした。世のヒロシの宿命とです。

ロンボク着とです。ここでスムーズだった旅行に暗雲とです。入国税がひとり25ドルと思っていたら35ドルに値上げしていたとです。手持ちのUSドルは60ドルとです。なんで手持ちが50ドルでも70ドル以上でもなくて60ドルとなんでしょうか。嫁減点とです。そんなわけでドルもルピアもない人(たった2組)は他の外国人がさばけるまでイミグレ前で立たされ、そこから監視の下レートの悪い両替所でルピアに両替させられ、入国を許されるのでした。
 
ロンボク空港からはDAMRIのバスでスンギギへ。ひとり30,000ルピアで1.5時間。観光客はほぼ見当たらぬローカル色すごいバスですけど、途中停車するのはマタラムだけだし、ホテル名(住所)を言っておくと近くで降ろしてくれるので自称節約家にはなかなかです。
 
 
午後1時半、本日お世話になるホテルMascot Beach Hotelに到着です。地球の歩き方とアゴダ、トリップアドバイザーとみんな表示している地図が違いましたけど、今回は歩き方が正しかった。手ごろな価格なのに、立地、居心地なかなかです。ただ敷地の割りにプールは狭いな。
 
 
お食事でーす。アートマーケット内のDe Quakeへ行こうと思ったら、目ざとい嫁がDe Quakeのお隣りのThe Officeという堅苦しい名前のレストランのメニューを見て、無言の圧力を掛けてきた。妖怪偏食ドケチにかなうわけなし。食べたのは名前忘れちゃったけどローカルフード。安いのに結構ウマし。命名:やすしうまし。
 
食後はスンギギビーチを散歩しながら、翌日のギリトラワンガンへの足探しにツアー会社巡り。
 
 
ギリ3島に行く人への参考として今回のてん末を書いておくと、普通のツアー会社がよく扱っていたのはバンサル港までの送迎(約750円)のみ、バンサル港に着いたらサヨナラ、自力でギリに渡ってね方式。
ビーチでよく声を掛けてきたのはスンギギからの渡航便。相談に応じてスピードボートだったり、シュノーケリングツアー(5時間程度)をしながらギリで降ろしてくれる方式。これはお値段お高めで、風や波によってはスンギギ発の舟は大きく揺れるらしいので即却下。

で、お願いしたのはベタですがプラマ社のツアー。内容はホテルから自社マイクロバス(ワゴン車押し込みじゃない)、バンサル港近くのプラマ社専用?港からスピードボート(悪名高きバンサル港を使わない)、ボートは最大12名まで(奴隷船じゃない)。これでたったの1,500円。最安ルートでもボート代含めれば1,000円のところ、手間と時間を省けて1,500円どうですか、お客さん?
 
 
プラマ社の営業マンごっこ終了。あらためてスンギギビーチで夕日を見て思う。金満日本人でよかった。
 
 
ハイ、夕食はおいしいと噂のPapa Besar Cafeさんです。こじゃれた店内です。ここでいただいたのはナシゴレン、ベジタブルスープ、イカフライ。守りに入ったような定番メニュー。
 
が、おいしーーーー?ってか味濃すぎない?どれもこれも2〜3倍の塩辛さで、あっビールいっぱい呑んで欲しい作戦でしたか?隣りの外国人さんはハッピーアワーのビールとポップコーンしか食ってねえぞ。残念な己の情報収集力。 24時間以上履き続けた靴下を思えば泣けてきた。

本日のピンポイント潔癖症(旦那)のトイレ利用履歴 羽田空港・機内・KLIA2・ロンボク空港・ホテル
 



1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
6日目 7日目 8日目   トップページ