トップページへ

◇ふるさと納税(寄付金控除)実践中◇

【サラリーマンの節税?】

ふるさと納税は本当にお得なのか?お得な気分を味わえるだけじゃないか?迷い続けましたが、とうとうふるさと納税してみました。

ふるさと納税とは?
 
その前にふるさと納税を簡単にまとめると、ふるさと納税とはふるさとに納税するもののように聞こえますが、自分の任意の自治体に納税できる制度です。そして、自治体によっては、そのお礼として特産物などを送ってくれるため、これを目当てにしたものが、最近騒がれている「ふるさと納税で得をする」ということになるのでしょう。

もっと具体的に言うと、任意の自治体に寄付(いわゆるふるさと納税)をすると、確定申告することを条件に、その寄付金のうち2,000円を超える部分について、一定限度額まで原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。

「一定限度額」と意味深なワードが出て来ました。これはふるさと納税される方の所得(収入)に応じて、限度額が設定されているのです。自分の限度額の計算は、いろいろなサイトで簡単に計算できますのでそちらを参照にしてください(目安としては年収500万円のサラリーマンの場合2〜3万円)。

デメリットを挙げておくと、自分の住んでいる自治体にはふるさと納税できない、確定申告しないといけない、などですね。その他に、やっぱりお礼品が本当に自分の価値に見合っているかを判断する必要がありますね。
 
 
管理人が考えるふるさと納税
 
管理人は当初あんまりお得感は抱かなかったんですよね。ふるさと納税の(主旨を履き違えているのは承知で)お礼品が2千円の価値があるのか?って。

お米を5kgもらったって2千円でスーパーの特売で買えそうだし、野菜や魚だってね、わずらわしさを考えればってね。しかし誤解に気が付いたんです。ひとつの自治体だけに寄付すれば、そのお礼品に2千円の価値を求めるのでしょうが、寄付を組み合わせることで、

たとえば1万円ずつ3ヶ所に寄付すれば実質 2千円で15kgのお米がもらえて、それはお得度が断然増すんですよね。


平成26年 我が家のふるさと納税記録
 
データ:夫婦共稼ぎ。ふるさと納税額のお得な限度額はふたり合わせて5万円。支払い方法は主に郵便局の振込用紙を送ってもらってATMで振込。
 
浦臼町(1万円で玄米10kg) 新上五島町(1万円で焼酎2本)
市川市(1万円で2千円分のT-POINT) 新庄市(5千円で白米5kg)
 
尾花沢市(1.5万円で玄米30kg)  
 
平成27年 我が家のふるさと納税記録
小谷村(1万円で5千モンベルポイント)×2 小山町(1万円で4千円アイス券)×2 
北竜町(1万円で1.5kg玄米) 南陽市(1万円で白米20kg)
 
平成28年 我が家のふるさと納税記録
菊川市(1万円で5千円さわやか食事券)×2 小山町(1万円で4千円アイス券)×2
吉備中央町(1万円で白米20kg) 吉備中央町(1万円で白米20kg)配達日指定で 

 

  

トップページへ