トップページへ

【おすすめ銀行口座】

 

【我が家の銀行事情】
 
僕は複数の銀行口座を使い分けていますが、人によってはたくさんの銀行口座を使い分けることは管理上不便なことも多いかもしれません。カードの管理、通帳の管理、暗証番号の管理、結構大変です。

ただ、最近の銀行は個性を持ち始めていますので、いろいろな銀行とお付き合いをしてみてはいかがでしょうか。大切なことは、昔作ったままの銀行口座が自分にとって最適かということです。

僕の最近の銀行口座状況は、表向きはみずほ銀行、振り込み用は新生銀行です。余剰資金(ほとんど定期預金)は、ソニーバンク、新生銀行などのネットバンクでその時に最もいい商品(金利)を提供している銀行を活用しています。
時期によってはそれぞれの銀行でキャンペーン金利を設定することもあるので、決め付けず流動的に構えています。


僕の銀行選びのポイントはATMです。比較的にインターネット専門銀行の金利がいいことはよく知られています。でも、使い勝手が不便な銀行は資産運用には不向きです。最近のインターネット銀行はセブン銀行(セブンイレブンなどに設置)やゆうちょ銀行と提携しているので、無料利用回数なども考慮して選択するといいと思います。

最近はインターネット専門銀行でさえ超低金利で増やす楽しさが味わえなくなっています。そこで、金利に期待ができないのならばと、城南信用金庫の懸賞金付き定期預金で増やす欲求のバランスを保つようにしています。
 

 
 
銀 行 名 利 用 目 的 僕  の  使  い  方
みずほ銀行 公共料金、各種
支払い用口座
ネット銀行と違って通帳があるので表向きに使っているのが現状。
池田泉州銀行 定期預金の金利
が高いので定期
預金用口座
宝くじ付き定期預金が魅力的でしたが、宝くじの枚数が縮小されたため、今後の取引も縮小するつもりです
セブン銀行、ゆうちょ銀行経由。
楽天銀行
(イーバンク)
ネット取引に有効 インターネット決済には便利。金利や利便性に改悪が続き、預け先としてのメリットはほぼない。今は証券会社とのパイプ役くらいかな。
セブン銀行、ゆうちょ銀行経由。
新生銀行 振込み用口座 口座名義人が個人の場合、条件付で振込料が無料になる。我が家では毎月の家賃を振込むため、毎月630円、年間で7,560円の節約になる口座。
セブン銀行、ゆうちょ銀行が近くにあれば利用価値有り。
ゆうちょ銀行
(郵便局)
困ったときの口座 ATMは26000ヶ所以上、利用可能時間も長い。しかも休日手数料、ゆうちょ銀行同士の手数料がお得。まさにお財布代わり口座。
僕の場合、それ以外に泉州銀行・楽天銀行・ソニーバンクの窓口でもあります。
ソニーバンク 定期預金の金利
が高いので定期
預金用口座
ボーナス時などキャンペーンが多いので、まとまったお金の預け先として利用しています。
セブン銀行、ゆうちょ銀行経由。
城南信用金庫 懸賞金付き定期預金だけ。 楽しく預金するための口座。宝くじよりも当選金は低いが、当選確率は高いので、大物狙いじゃなく小物たびたび狙い目的。ただ、利便性はないので近所にないとおすすめできません。
 
 
【我が家の給料日のお金の動き】
 
  1. 現金支払の食費・雑費等のお金確保(先取り預金ではなく、先取り生活費)
     
  2. 公共料金等の口座引落し相当分をみずほ銀行へ入金
     
  3. 家賃など振込分含め、ほぼ新生銀行へ入金
     
  4. 新生銀行に一時的に入金し、まとまったお金になったら金利の高い銀行で定期預金を作る。
     
 
 
【最近気になる銀行のサービス】
 
■多くの人に支持されているのはゆうちょ銀行だと思います。

今まで他行との取引に不便だったゆうちょ銀行ですが、最近は便利だなと思います。上記に書いたこともそうですが、ヤフオクで取引相手が利用している銀行で一番多いのはここのインターネットサービス。多くの人に支持されている結果は僕の個人評よりも信頼できると思います。

■やっぱり新生銀行が便利■

インターネット取引なら、振込料が無料ってやっぱり最高です。家賃の振込、オークション決済、インターネットショッピングの振り込みも無料ってスゴイです。
振込料無料は条件付きで月1〜10回までで、口座だけを持ってれば月1回、常に100万円以上預けていれば月5回です。他行で毎月1回420円の振込をしている人が年間支払う振込料は5,040円、新生銀行に100万円預ければ、振込料無料で金利0.5%分に相当する金額がお得になります。

しかも2週間定期預金という商品があって、まとまったお金になるまで、または他行の定期預金金利キャンペーンまでのつなぎとして、「とりあえず」が有効な銀行です。
 
 
【定期預金のススメ】
 
お金を貯める人が一番利用している貯蓄商品は普通預金、ネット預金、定期預金などの銀行預金です。なるべくリスクを負わず、コツコツ貯める人が多いようです。しかし、同じ預金するなら少し楽しんだほうがいいと思います。我が家の場合、定期預金を作る際、考えることが2つあります。

1つは満期日の設定です。『時は金なり』と言います。一日でも早く普通預金から定期預金に振り替えたほうが利息的にお得なのはわかっています。だけど、特別な日に満期を迎えるとうれしくありませんか。

我が家の場合、定期の満期日は夫婦の誕生日、結婚記念日、クリスマスにしています。覚えやすいのもありますが、特別な日を銀行からも祝ってもらえているような錯覚が、これまたうれしいんです。銀行によっては満期日を自由に設定できない場合もありますが、その時は数ヶ月で満期を迎える定期や普通預金で調整して、記念日まで調整してみてはいかがでしょうか。

そして、もう1つはボーナス時などによくある銀行のキャンペーン中に定期預金を作る方法です。金利が優遇されていたり、懸賞金つきプレゼント企画などがあるので要チェックです。
 

 
 

トップページへ